0800-080-1141

↓お客様専用電話になります。

業者様・営業等の電話はこちらへ

営業時間8:00~17:00(毎週日曜、第2第4土曜定休‹GW・お盆・年末年始除く›)

※当ホームページではプロモーションが含まれています。 お庭のトラブル お役立ち情報

草刈りは自分でやるのがお得?業者に頼むのとのコスパ比較

毎年恒例となっている草刈り作業に一苦労されている皆様。

草刈りをする際、自分でやるか業者に頼むか…どちらがお得なのか気になりますよね。

この記事では、草刈りを自分で行う場合業者に頼む場合コスパを比較してみました。

お困りの皆様のお役に立てるような情報が詰まっておりますので、ぜひともお時間が許す限り、目を通していただければと思います。

では、詳しくみていきましょう。

 

自分で草刈りするメリットとデメリット

本章では、自分で草刈りをした場合メリットとデメリットをご紹介します。

 

メリット

自分で草刈りをするメリットは次のとおりです。

節約

まずは、何と言っても料金ですよね。

業者に依頼する場合費用が発生しますが、自分で作業することにより節約できます。

業者の料金作業内容や草刈りの広さなどによって異なりますが、数千円~数万円になることが一般的です。

 

運動不足解消

草刈りは体を動かす良い運動です。

自分で草刈りをすることで、運動不足解消日常の運動量を増やすことができ、更に自然との触れ合いの機会も増えるので心にもいい影響をもたらします。

 

マイペースで作業ができる

自分のペースで作業ができるのでストレスもありませんし、草むしりなら簡単な作業なので小学生でも手伝うことができます。

おはぎくん
疲れたら休憩、また後日でもいいんです。

 

自己満足感

自分で草刈りを行うことで、自分の手で整えた庭や敷地を見ることができ、達成感や自己満足感を得ることができます。

 

デメリット

自分で草刈りをするデメリットとしては、以下のような点が挙げられます。

初期投資が必要

規模にもよりますが、最初に草刈り機やその他の道具を購入する必要があります。

草刈り機の種類や品質によって価格は異なりますが、数万円~十数万円になることが一般的です。

また、燃料費もかかります。

 

時間と労力

手作業で行う場合大きな敷地や草の量が多い場合には、膨大な時間と体力を要することがあります。

ぎんちゃん
じみぃ~にきついのよ…!

 

専門知識が必要

草刈りは専門的な知識が必要です。

剪定や除草の方法を誤ると、草地の状態を悪化させる恐れがあるからです。

 

事故のリスク

草刈り機具を使う場合、事故や怪我を招くリスクがあります。

セーフティガイドラインを遵守しない場合や、器具の扱いに不慣れな場合特に注意が必要です。

 

これらのコストを計算し、自分で草刈りをする場合の総コストを把握することが重要です。

 

自分で草刈りする場合のコスト節約方法

本章では、草刈りのコストを節約するための方法をご紹介します。

自分で作業する場合は、是非参考にされてください。

 

適切な道具を選択する

草刈りにはさまざまな道具がありますが、効率的で低コストな道具を選ぶことが重要です。手動の草刈り器具や電動の草刈り機など、庭のサイズや草の濃さに応じて最適な道具を選んでくださいね。

 

定期的に草刈りを行う

草が伸びる前に定期的に草刈りを行うことで、草の制御が容易になります。

草が長く伸びてしまうと作業に時間がかかるばかりか、草刈り道具の効率も低下します。

定期的な草刈りによって、効率的に作業を進めることができます。

うっちー
これが出来そうでなかなか継続して出来ないんですよね(笑)

 

適切な作業計画を立てる

草刈りを行う前に、作業計画を立てておくと効果的です。

作業の優先順位や順番を考えることで、効率的に作業を進めることができます。

また、作業時間や休憩時間も計画に盛り込むことで、無駄な時間を減らすことができます。

 

ゴミの処理を効率化する

草刈りの後には、刈り取った草の処理も必要です。

草を処理する際には、ゴミ袋やリサイクルの袋を使用することで処理のコストを抑えることができます。

また、庭先で草を堆肥として活用することもできます。

 

草刈りを手伝ってもらう

草刈り作業を一人ですべて行うのは大変な作業です。

家族や友人に手伝ってもらい作業を効率化することができます。

助け合いながら作業を進めることで時間とコストを節約できます。

 

以上の方法を実施することで、草刈り作業のコストを節約することができます。

うっちー
定期的な計画立て、適切な道具選び、作業の効率化がポイントですね。

 

草刈り業者に頼む場合のメリットとデメリット

ここからは、草刈り作業を業者に依頼した場合メリットとデメリットをご紹介します。

 

メリット

業者に草刈り作業を依頼するメリットは次のとおりです。

作業がプロフェッショナル

専門知識と経験を持ったプロの技術を活かして、効率的かつ綺麗に、そして適切な道具や技術を使用して草刈りを行います。

 

作業時間の節約

自分で草刈りを行うと、時間と労力がかなりかかります。

しかし、業者に頼むことで時間や手間をかけずに草刈りを終わらせることができ、自分の時間を有効に使うことができます。

よしくん
大規模な庭時間がない場合は、業者に頼む方が効率的ですよ。

 

作業の安全性が担保される

草刈りは怪我や危険な状況を引き起こす可能性があります。

しかし、業者作業時の安全に配慮し、安全な方法で作業を行います。

りぶちゃん
安全第一!

 

ワンストップサービスの提供

弊社では、草刈り以外にも草取りや草の処理といった作業も一貫して行っております。

また、不用品回収や解体工事なども行っていますので合わせてご依頼頂けます。

さすけっち
ワンストップサービスの方が手間が省けてお得です♪

 

デメリット

業者に草刈り作業を依頼するデリットとしては、以下のような点が挙げられます。

費用がかかる

業者に頼むデメリットとしては、費用がかかることが挙げられます。

自分で行う場合と比べて費用がかかることは避けられません。

料金は、庭の広さ草の状態によって異なるため、複数の業者から見積もりをとることをおすすめします。

 

ご依頼のスケジュールを合わせて頂く可能性

複数の依頼を抱えていることがあります。

そのため、自分のスケジュールに合わせて作業を行ってもらうことができない場合もあります。

また、繁忙期などには予約が取りづらい場合があるため、作業のスケジュール調整が必要となる可能性があります。

 

以上が、草刈り業者に頼む場合のメリットとデメリットです。

上記のメリットとデメリットを十分に考え、自分自身が負担を負うべきかそれとも業者に費用を支払って草刈りを任せるべきかどちらがコストパが良いと感じるかを見極めることが重要です。
その結果、自分にとって最適な選択をし結果として後悔のない心地よい作業終了が得られれば、それが最良の結果と言えます。

 

草刈りのコスト比較:自分でやるvs.業者に頼む

前章でもお伝えした通り、実際のところ、どちらがコスパがいいかは今のご自身の状況や優先順位によって変わるため、自己負担業者費用かを判断する際には、以下の点を考慮することが重要です。

  • 自分の草刈りの経験や能力:草刈りを得意とするか、初心者であるかを考える。
  • 草刈りにかける予算:自己負担による費用と業者費用の比較をして、どれだけ費用を抑えることができるかを検討する。
  • 時間や労力の制約:自分の忙しさや他の重要な予定によって、草刈りに費やせる時間や労力に制約があるかを考慮する。

要するに、本章で伝えたいことは、「庭の面積が小さい場合は自身の手で、一日を要するような広い面積の場合には、業者に任せた方がより経済的です」ということです。

たとえば、そこまで広さがなく自分自身でも1時間程度で手を付けられる程度の狭い庭に関しては、特に業者に頼まずとも自分で対処できると思います。

だからといって、庭の面積が広く朝から夕方まで一日を費やすほどの作業が必要な場合には、1万円程度の費用が発生するとはいえ、業者に依頼した方が十分に価値があると言えます。

なぜなら、作業を行った後に発生する汚れた服や、疲労感燃えるゴミの日に草を運び出すといった時間や手間を考慮すれば、業者に依頼するコストは決して高すぎるとは言えないからです。

 

庭の大きさや草の量自身の体力や時間の余裕知識と経験の有無を考慮して、最適な選択をすることが重要です。

大きな作業範囲難易度の高い場所であれば、業者に依頼することがお得ですが、小さな作業範囲時間に余裕がある場合には、自分で行うことを選ぶほうがお得だと思います。

  • この記事を書いた人
うっちー

うっちー

冬山は滑り、夏山は走る、お山大好きアクティビティなアラフォー主婦。趣味の限度を超え極めたいタイプ。80になっても滑る、走るが維持できるようやってます。 昨今、急速に増加し大きな社会問題となっている空き家。治安、防災、景観面を解決するべく様々な解体工事と不用品回収の作業事例をUPしていきます。

-お庭のトラブル, お役立ち情報
-, , , ,