0800-080-1141

↓お客様専用電話になります。

業者様・営業等の電話はこちらへ

営業時間8:00~17:00(毎週日曜、第2第4土曜定休‹GW・お盆・年末年始除く›)

※当ホームページではプロモーションが含まれています。 ごみ屋敷 不用品のトラブル

【お片づけ事例】ごみ屋敷・汚部脱却を実現したい方必見!チャンスは今この瞬間

片づけが苦手という方は、案外多いのが現実です。

寧ろ、片づけが得意とか片付けが好きだという方は、一見して少ないと思います。

こと片付けに至っては、苦手意識を抱く方ほど自力で部屋の片付けを施すという思考に陥るのが一般的です。

それが起因で、結果的に部屋は永遠に片付かない状況が生じ、住環境の状態は次第に悪化して行くという事態が頻繁に見受けられます。

そんな不快な住環境から抜け出したい方へ

あなたが快適な住環境を手に入れるための道はここから始まります。

まず、住環境を改善するためには、自分自身のニーズや希望を明確にすることが重要です。

どのような住環境があなたにとって理想的なのか、自分自身に問いかけてみましょう。

 

ここからは、不快な住環境から脱出できた方の事例をご紹介します。

 

ごみ屋敷から解放された成功者のストーリー

今回、ご相談くださったお客様は、夜の仕事をしている女性の方です。

うっちー
お話をお伺いしたので私の方でまとめてご紹介します。

普段の食事は、自炊をする時間がないためほぼ外食

同室で飼っていた猫の世話夜の仕事に追われる日々が続き、家事などをこなすための余裕はありませんでした。

そのため、朝の早い時間帯のゴミ出しは夜の生活を中心に送る彼女にとっては大きな負担となり、結果として家の中にどんどんゴミが溜まってしまう状況となってしまいました。

うっちー
今回、何がきっかけで依頼しようと思ったのですか?
この光景(ごみ屋敷)に精神的に疲れました。夜の仕事もやめて、引越しをしようと思いました。

しかし、引越しをする時期が近づくにつれて、部屋がゴミ屋敷のようになってしまっている現状に焦りを感じ始め、お片付けのご相談となったそうです。

 

結果として、引越しの日までに部屋の片付けを無事に完了することができました。

うっちー
彼女の新たな生活のスタートをサポートすることができ、私たちも嬉しく思います。

 

不用品の処分、お荷物のご移動のご相談は最速おかたづけ隊にご相談ください。

  • この記事を書いた人
うっちー

うっちー

冬山は滑り、夏山は走る、お山大好きアクティビティなアラフォー主婦。趣味の限度を超え極めたいタイプ。80になっても滑る、走るが維持できるようやってます。 昨今、急速に増加し大きな社会問題となっている空き家。治安、防災、景観面を解決するべく様々な解体工事と不用品回収の作業事例をUPしていきます。

-ごみ屋敷, 不用品のトラブル